VLSI回路設計ツール:NS-Tools (Nanodesign Schematic Tools)

NS-toolsによる回路設計とシミュレーション

回路図エディタ:NS-Draw
1.Windowsベースのアナログ回路設計ツール(回路図作成 + SPICEシミュレータ + 波形描画)
2.階層設計をサポートし、大規模回路の設計に対応可能
3.SPICE形式とCDL形式、ゲートレベルVerilog形式のネットリスト出力
4.EDIF経由により、論理合成ツールや他の設計環境からの回路図データインポート
5.配線のバス記述や、素子のアレイ記述に対応
6.外部コマンド実行機能によりSPICEシミュレータや波形ツールと連携動作
7.対応OS:Windows 7,8,10

回路シミュレータ:ns-spice
1.MOSFETビニングモデルに対応
2..PARAM,.LIB記述に対応
3.BSIM3,BSIM4および、M(Multiply)パラメータをサポート
4..measureによる計測機能のサポート
5.サブサーキット間のパラメータ渡しをサポート
6.モンテカルロ解析,.DATA,@{a|b|c}によるパラメータ自動スィープ解析のサポート
7..measure/スィープ解析結果の自動CSVファイル化機能
8.マルチスレッドに対応、64bit版(メモリ32GB)では、1000万素子のシミュレーションが可能
9.64bit版(Win),Linux版を同梱

ダウンロード
アナログ回路設計ツール: NS-tools(Ver 1.50:インストーラ:exe版) ~2019/11/01
※ NS-Draw/ns-spiceを含む回路設計環境:※ライセンス登録されていないマシンではフリー版として動作します。フリー版でも機能制限等は特にありませんが、フリー版の継続利用のためには、半年毎に最新版のダウンロードと再インストールをしていただく必要があります。その場合、作成したデータはそのまま継続利用できます。Ver 1.51(~2020/5/1)のリリースは、2019年9月末の予定です。Ver 1.49でインストール時に不具合があった場合は、本Ver 1.50を再インストールしてください。

※ウイルスバスターをご利用の場合、インストール時にウイルス感染ソフトとみなされ、強制的に実行ファイルが削除されてしまう場合があります。これは誤警告ですので、その場合は、以下のファイルとフォルダに対して、ウイルスバスターの設定→「コンピュータの保護設定」→「例外設定」を行ってください。

・NS-drawインストールフォルダー
・NS-draw起動用アイコン(ファイル)

無期限ライセンス取得用MACアドレス調査ソフト:GetMac.exe

ユーザーズマニュアル
— 導入編 —
0章 表紙
1章 概要
2章 インストール
— 基礎編(初心者向)—
3章 回路図の作成法(インバータ回路)
4章 階層回路図の作成法(4bit加算回路)
5章 論理ゲートとバス記述
6章 プリミティブ素子の作成法とネットリスト出力
— 応用編(LSI設計者向)—
7章 .PARAMと.LIB、MOSFETのBinning処理
8章 .measureとパラメータスキャン(結果のCSV化)
9章 素子ばらつき(モンテカルロ)解析
10章 パラメタライズド サブサーキット
11章 電源/R/C/L値の任意関数指定
— 設計事例編 —
12章 PLLの設計(A/Dmix設計)
13章 メモリLSIの設計(100万素子のシミュレーション)

ご利用の条件
(A) 個人所有のPC上において、ご利用される場合は、NS-Draw/ns-spiceフリー版を無料で継続利用頂けます。但し、NS-Draw/ns-spiceフリー版は、半年毎に最新版へ更新する必要があります。
(B) 法人、団体、組織等所有のPC上においてご利用される場合は、1年間はフリー版をご利用いただけます。機能を充分ご確認の上,ライセンスのご取得をご検討ください。

ライセンス取得についての詳細は、info@nanodesign.co.jpまでお問い合わせください。ライセンス取得をしていただければ、無期限利用可能版を提供いたします。現在、NS-Draw及びns-spiceの法人向けライセンス価格は各9万5千円/本です。